TOP市場・用途 > 事例紹介
製品情報
市場・用途TOPへ

デ-タセンターを支える最新テクノロジー:ECファン

高効率かつ安全

典型的な電力消費冷却の基盤構造はデータセンターの重要な部分です。
冷却装置・コンプレッサ-・送風機間の最適な制御を実現することが、最適かつ安全なコンピュータ環境を提供し、サーバ-の寿命を長くし、ご利用いただく企業様のバイタリティ溢れる活動を大きく支えるかなめとなります。

しかし、現在多くのデ-タセンタ-の所有者が価格面の問題や自らシステムの消費電力を分析しなければならないといった状態にあり負担を強いられています。
データセンターの光熱費の40%以上もが冷却装置等のために消費されています。
従って、データセンターの所有者の戦略として『ランニングコストをいかに安くするか』が注目の焦点となってきます。
そこでドイツ ebmpapst社は、安全で高効率であるという観点から複雑な要求に応えられるファンを完成させました。

ECとは?

データセンターイメージECモータとは安定した電気分路を持つ DCモータの進化したもの。
整流器により電流を導くことでモ-タの回転を実現。
アウターロータモータによりコンパクトなデザインで 軽量化 が容易。
安定した電気分路は 高度なコントロールが容易でかつ高効率。
以前はブラシ付きモ-タ方式だったため、数千時間で寿命がきていましたが、現在のECモ-タは半導体の技術により、交換不要となりました。
さらに、ebmpapstのECモ-タはBus通信(ModBus)ができ、それにより複雑なシステムへ容易に統合させることができるのが特徴です。
ACモータよりも製造コストは上昇しますが、低電力により初期投資額の回収が1年以内であることを、幾つもの機関が証明しています。

ICTアプリケーション

データセンターイメージ通常のACファンと異なり、ebmpapst のECファンは永久磁石を使った電子整流DCモータが用いられています。
この技術は電圧の変動に関わらず、スムーズな運転で長寿命かつ簡単なスピードコントロールを可能にします。
最大92%のモータ効率を持つECモータによりランニングコストを最小限にすることができます。

高密度・高負荷なデータセンタ-に最適

ebmpapst のECファンは厳格なEMC規格に適合しております。
- 無線周波数妨害放出 規格 : EN50081-1
- 対無線周波数妨害許容 規格 : EN61000-6-4
- 高調波電流規制 規格 : EN61000-3-2 (<1kW)
その他 VDE、UL、CSA、CCC、 GOST に適合しております。

利用イメージ高度で複雑なアプリケーション、高速プロセッサー、24時間連続稼働の情報・コミュニケーションに使われるコンピュータシステムのコンパクト化と高密度化は冷却システムの最大限の高効率化を要求しています。

真相を見抜ける技術、優れた新製品の開発により ebmpapst製品 は世界中のエレクトロニクス冷却のトレンドの最先端に位置づけれられています。
スタンダードからカスタマイズしたものまで世界で数千ものアプリケーションにおいて製品の改良を重ね、非常に優れた冷却力をもたらすことに成功しました。

エンジニアリングパートナーとして、ファン・ブロアーの問題を解決する製造者として、ebmpapst は新しいアプリケ-ションの展開をお客様にご提案できます。
AC、EC技術の広い分野における製品の数々がどんな要求にもお応えしますので、どうぞお気軽にお問合せください。