TOP会社情報 > 沿革
製品情報
会社概要 3つのコンピタンスセンター CSR 沿革

会社情報TOPへ戻る

沿革

ebmpapstムルフィンゲン

1963年 創立
68サイズのモータを発売、68シリーズがベストロングセラーとなる
多彩なサイズの揃ったラインアップの礎を築く
1964年 世界で初めてEC(電子制御)技術採用のコンパクトファンを開発
1970年 ebm と PAPST がブラシレスECドライブを開発
1992年 ebm が PAPST と合併
1997年 mvl と合併
1998年 電子回路内蔵の遠心ファンと軸流ファンを世界で初めて開発
(2003年より本格的に生産開始)
2003年 ebmpapstと社名を改める

3社それぞれの長所をいかし、独自の専門知識と広範なノウハウによるソリューションを幅広い分野のさまざまなセグメントでお客様に提供しています。

ebmpapstサンゲオ-ゲン

1942年 技術者パプスト氏により設立
小型ドライブ用エクスターナルロータ型モータの原理を開発、大量生産を可能にする
その後、応用例のひとつである電子タイプライター用ACモータがヒット
1985年 世界初のIC制御による温度調節機能ファンVARIOFANを開発、生産開始
1986年 ダイナミック・バルクメモリ用のドライブスピンドル・モータの生産開始

ブロアとファンのパイオニアであり、小型ドライブのインテリジェントで複雑なソリューションのスペシャリストです。

ebmpapstランズフット

1880年 ベルリンで C.ロレンツ AG として創立
世界で初めてレコードプレーヤ用シェイドポール型モータとテレックス用キャパシタ型モータを開発した企業として歴史に名を残す
1958年 SEL/mvl社が世界初のクロスフロー・ブロアの原理を開発、生産開始
1989年 新しいガス濃縮ヒータ技術用のEC型遠心ブロワを初めて生産
マーケットリーダーとして今日に至る

家電製品やヒーティングシステム、その他の分野におけるパイオニア的な存在として知られています。

ebm-papst Japan 株式会社

1999年10月25日 ドイツ ebm-papst Mulfingen GmbH & Co, KGの子会社として日本法人設立
2000年1月1日
業務を開始
2014年4月1日 社名を「ebm-papstインダストリーズジャパン株式会社」から「ebm-papst Japan 株式会社」に改称
2014年6月28日 本社を移転