TOP > 特設ページ
 

■F1レーシングカーの冷却について
マシンがピットガレージに戻る時PU106Bハイブリッドエンジンは185℃に達しています。
すぐに冷却しないとエンジンが壊れてレースに戻れなくなります。
ebm-papstの冷却ソリューションは28秒以内に80℃まで温度を下げ、次の走行へとつなげています。

↓他のビデオクリップ集はこちら↓
http://mag.ebmpapst.com/en/formula1/

レ-シングカ-内部の電子部品を高効率に冷却するためサイドポットとロ-ルフ-プを急速冷却させるソリュ-ションを開発しました。

ピットガレ-ジを冷却するため水冷式システムとモジュ-ル式空気分配システムユニットを開発し気温を調整しています。

メルセデスAMGペトロナス英国ブラックリ-工場にも高効率空調システムとしてebm-papstのファンが使われています。