製品情報

エナジーセービングファン

  エナジーセービングファンTOP

  新しい製品ライン
このエナジーセービングファンの製品ラインには、ESMおよびQモータの省エネバージョンであるiQモータをベースとした軸流ファンと遠心モジュールが含まれています。
軸流ファンには172、200、230、250、および300 mmのサイズが用意され、200mmはすでに市場での位置付けを確立しています。
空力学的に最適化されたローターとウォールリングを持つこれらのファンは、動作時の騒音がさらに低減されており、また環境保護の観点から塗装は不要となっています。
エナジーセービング遠心モジュールには175、190、および220 mmのサイズが用意されています。
コンパクトな形状と空力学的に最適化された設計により、簡単で迅速に設置できます。
また、この新しいESM製品ラインには、半遠心インペラーを持つエナジーセービング遠心モジュールのK1G200があります。
この製品が特に優れているのは、中程度の静圧範囲においてノイズ騒音と風量を最適化する優れた性能を持ち合わせていることです。
この製品においてebm-papstはまたしても新たな基準を打ち立てました。
このラインにはebm-papstのEC技術に基づくエナジーセービングiQモータも使用されています。
寸法と取付方法はすでに市場に流通しているQモータと同じであるため、ファン全体を交換することなくモータのみを入れ替えることが可能です。
iQモータは通常の直径154~254 mmの軸流インペラーに設置できます。

エネルギー効率

エナジーセービングモータは従来使用されてきた隈取磁極モータよりを最大70%を超えるる効率を持ち、隈取磁極モータの約6分の1から3分の1の電力しか消費しません。
優れた効率により運転時に生成される熱もわずかであるため、モータから放出される熱も小さくなります。
必要とされる冷却能力もわずかで済むため、さらに大きな省エネ効果が得られます。